CHUBU×MEIJO×JS 中部大学×名城大学の学生対象リノベーションコンペティション

2019年度 募集要項

提案にあたって 募集要項

提案にあたって

■若い世代を意識したUR賃貸住宅のリノベーション提案

最寄駅のJR中央線「高蔵寺」駅から「名古屋」駅までは30分圏内。
高蔵寺ニュータウンは、新たな若い世代への居住の魅力と全ての住民への安らぎを提供し続けるために、「ほっとできるふるさとでありながら、新たな価値を提供し続ける“まち”であり続けること」を目指し、平成28年3月に高蔵寺ニュータウンの未来を創造するプラン「高蔵寺リ・ニュータウン計画」が策定されています。

このニュータウン内にある藤山台団地は、UR賃貸住宅の中で最初に入居が始まり、今年5月でちょうど50年を迎えました。この住宅資源を活用し続けるために、お住まい続けられる方と、新しく入居される方のミクストコミュニティが誘発されるよう、若い世代への魅力的な居住空間と新しいライフスタイルを提案してください。

提案内容・提案対象

■対象住戸概要(3K‐ア)

対象住戸概要(3K‐ア)

※既存住戸の図面は、CADデータ・PDFデータともに「高蔵寺ニュータウン50周年記念 中部大学×名城大学×JS UR賃貸住宅リノベーションコンペティション」公式HPからダウンロード可能。

■提案に際して、下記の点に留意すること

  • 住宅としての利用を前提とすること。その他、詳細は以下のとおり。
    1:広く宣伝を行って集客する等、不特定多数の出入りが発生する用途での利用は不可とする。
    2:シェアハウスとしての利用は可とする、その場合の入居者数は個室数を上限とし、1LDKのみ2名まで可とする。
  • 鉄筋コンクリート躯体※、玄関扉、サッシ、ベランダの手すりについては、現況のままとする。
    ※なお、撤去不可とする鉄筋コンクリート躯体等は、別途図示するものとする。
  • 階段室の改修に関する提案も含めることを可とする。ただし、増築は不可とし、既に居住している者に配慮した改修内容とすること。
  • 浴室・トイレについては、既設排水管の位置を踏まえ、現況位置のままでサイズや機器提案を行う。キッチン・洗面台・洗濯機置場(洗濯排水)については、配管を考慮した上で設置位置の提案も可とする。
  • 仕上材・色彩・照明計画等についても具体的な提案を行うこと。
  • 修繕に支障が出るような高価又は入手が困難な仕上材・設備等(特注品・海外製品等)の使用は不可とし、コスト・実用面について配慮すること。

※以上は本コンペのみに適用する条件とします。

募集要項

応募資格

いずれかに在籍する学生・院生。応募は、1人1作品とする。ただし、グループでの応募も認める。

  • 中部大学工学部建築学科/中部大学大学院工学研究科建設工学専攻
  • 名城大学理工学部建築学科/名城大学大学院理工学研究科建築学専攻

応募方法

1:エントリー 締切日:9月13日(木)

まずは公式HPのエントリーフォームより、エントリーを行う。
エントリーが完了すると、個人IDをメールで通知する。

2:作品提出 提出日:9月25日(火)

  • 指定書式
    • A1用紙 横使い 1枚 (パネル不可・折り曲げ不可。丸めたり、折ったりしないこと。)
  • 提出時刻・場所
    • 中部大学の学生・院生/12:00~13:00(建築学科製図準備室)
    • 名城大学の学生・院生/12:00~13:00(建築学科事務室)

スケジュール

7月14日(土)~9月13日(木) エントリー期間
7月21日(土)・8月8日(水)・9月12日(水) 各日(10:00~12:00)現地見学会
(エントリーの際に希望日時を申込み、決定日時をメールで通知)
9月25日(火) 作品提出日(中部大学・名城大学)
10月3日(水) 1次審査結果発表(本人にメールにて連絡)
10月20日(土) 2次審査(公開審査)
場所:グルッポふじとう(高蔵寺まなびと交流センター)大会議室
13:30~17:00(予定)

必要事項

  • タイトル
  • 訴求するターゲット像
  • 設計主旨
  • 平面図(S=1/50)
  • 主要な居室の展開図(S=1/50)及びスケッチ
  • その他インテリアパース・模型写真など、提案内容を伝えるもの。
  • 個人IDのみを右上に記載し、氏名等は記載しない
    • (個人IDは公式HPからエントリーした際に発行)

※上記の事項を満たさない作品は、審査対象外とする。

審査について

審査方法

  • 1次審査(非公開)
    • 審査員による審査において計10作品程度を1次審査通過とする。
  • 2次審査(公開)
    • 1次審査通過者は、提出作品及びパワーポイント等の説明資料を用いてプレゼンテーションを行う。質疑応答の後、表彰作品を決定。その後、各賞の表彰式を行う。

審査結果

  • 1次審査の結果
    • エントリー時に登録された連絡先に連絡する。
  • 2次審査の結果
    • 公開審査及び表彰式による。
  • 作品の返却
    • 2次審査後各大学経由で返却する。

※提出されたすべての作品の著作権はJS及び各作品の応募者に帰属するものとし、各作品の応募者はJSが作品の全部または一部を業務上使用することを無償で認めることとする。

審査員

川崎直宏 株式会社市浦ハウジング&プランニング代表取締役社長
金丸典弘 団地再生事業協同組合 代表理事 / 株式会社アーキモール 代表取締役
菅沼 明 都市再生機構中部支社長
田代真琴 都市再生機構中部支社住宅経営部長
佐野誠一郎 日本総合住生活株式会社名古屋支社支社長
橋本佳洋 日本総合住生活株式会社名古屋支社副支社長

(敬称略)

表彰および賞金

最優秀賞及び優秀賞のうち1点(計2点)について、作品をもとにコスト勘案の上実施設計を行い、藤山台団地で実際に施工予定

  • 最優秀賞 (1作品)
    10万円相当の金券
  • 優秀賞 (3作品)
    5万円相当の金券
  • 奨励賞 (6作品程度)
    2万円相当の金券
  • 参加賞
    2千円相当の金券

問い合わせ先

compe-nagoya@js-net.co.jp(日本総合住生活株式会社 リノベーションコンペ担当事務局)

日本総合住生活株式会社 HP: https://www.js-net.co.jp/