情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

日本総合住生活株式会社
代表取締役社長 石渡 廣一

日本総合住生活株式会社は、当社の情報資産を保護するため、情報セキュリティに関連する国内の法令・規則、その他の規範を遵守するとともに、当社の情報セキュリティ基本方針を定め、必要かつ適切な情報セキュリティ管理体制を構築、維持します。

1.適用範囲

本基本方針は、当社の情報資産を利用する役員及び従業員等に適用します。また、業務委託先等にも本基本方針に準拠することを求めてまいります。

2.情報セキュリティ管理体制

情報セキュリティに関するあらゆるリスクに対応するため、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、運用管理体制を構築します。

3.情報資産の保護

当社が保有する情報資産を保護するため、適切な対策を実施し、「機密性」、「完全性」、「可用性」の維持及び向上に努めます。

4.法令・規範の遵守

当社は、関連法令の遵守に加え、情報セキュリティを確保するために必要な規程及び規則等を遵守します。

5.教育・訓練

当社は、当社役員及び従業員等に対し情報セキュリティの重要性を認識させ、情報資産の適切な取扱いを徹底させ、意識向上を図るために、情報セキュリティに関する教育・訓練を実施します。

6.継続的改善

本基本方針が遵守されていることを確認するため、情報セキュリティマネジメントシステムにおける取組みを定期的に見直し、継続的に改善します。