緊急対応について

【分譲マンションにお住まいのお客様向け】
緊急事故受付センターによくいただくご質問、お問合せ

集合住宅は上下左右にお住まいがあることから、様々なトラブルが発生します。
弊社では緊急事故受付センターを設け、24時間365日、マンションにお住まいのお客様からのご通報をお受けしております。その中でよくある通報内容を記載いたしますので、「もしも」の時にご参照ください。

※1 管理組合との契約により緊急事故受付業務を行っていない団地があります。
※2 居住者名簿や駐車場契約情報等の個人情報は保有していませんのでご了承ください。

1.水のトラブル

集合住宅は上下階にお住まいがあることから、水漏れによる漏水事故が起きてしまうことがあります。
水漏れ事故は、台風などの大雨の際にも起こることがあります。
水漏れ事故が起きたときは、まず弊社の緊急事故受付センターへ連絡してください。
当センターは24時間365日受付の体制で事故処理に対応します。

水漏れが起きたら

洗濯排水による水漏れ事故の主な原因 … 排水ホースを確認!
原因の多くが排水ホースの劣化(古くなってひび割れ)と繋ぎ目の外れです。繋ぎ目が長い間の使用で次第に緩んでくることもあり、排水の勢いで繋ぎ目が外れて水漏れ事故になることがあります。
全自動洗濯機の給水のご注意 … 給水ホースの繋ぎ目を確認!
全自動洗濯機は、水栓を開栓したままで給水と止水ができるため、外出中などに給水ホースが外れると水漏れ事故を起こしてしまいます。洗濯の時は、給水ホースの繋ぎ目の緩みの有無を確認し、洗濯の都度、水栓の開栓と閉栓を必ず行うようにしましょう。
断水したときのご注意 … 水道の蛇口は締めてありますか?!
断水した場合には、止水栓のほか住宅の中の全ての水栓を必ず締めてください。水栓が開いたままの状態ですと、断水が復旧し通水が行われたときに水があふれてしまう恐れがあり、階下への漏水につながる場合があります。
水漏れ事故には保険を
弊社では、このような水漏れ事故などの際に給付する保険商品も弊社保険センターにて取り扱っています。

水漏れの被害にあってしまったら

被害にあってしまったら、上階を訪問し水を止めてもらうなどの処置をしてください。
上階のお宅が留守の時は水道メーターを確認し、メーターが回っていれば水道元バルブ(メーターボックス内)を閉止し貼紙などで上階にお知らせください。水漏れの被害には、上階の設備(防水や配管等)の経年劣化によるものや、上階の粗相(洗濯排水のこぼし、洗濯給水の外れ等)などありますが、水漏れが止まらないときは弊社緊急事故受付センターへご連絡ください。

天井からの水漏れに関すること

天井から水が漏れてくる

A1.

漏水の原因を特定するために上階宅の様子をお聞きください。
上階の方の粗相でなく、原因不明の場合は上階宅の了解を頂き原因調査を致しますので、上階宅のお名前、電話番号を聞いて頂き、再度緊急事故受付センターへご連絡ください。緊急センターより漏水調査の了解を頂くようにします(上階宅から緊急センターに調査依頼をして頂くことが一番望ましいです)。

A2.

上階がご不在の場合は、そのお宅の外回りの様子をご確認ください(玄関先やメーターボックスから水が漏れてきていないか等)。
床に水が漏れているなどの異常がないようであれば被害を最小限にするために、不在宅の水道元栓を閉めてその旨をメモで玄関ポスト等に投函し、上階宅が帰宅後に様子をお聞きして再度緊急事故受付センターにご連絡ください。

A3.

上階の粗相で漏水した場合は、当事者間の話し合いで解決していただくことになります。
被害部分に修繕が発生し見積り等を必要とする場合は、翌営業日に加害者側の方より弊社支店等へご連絡ください。

A4.

漏水の被害で家財、商品や事務機器(パソコン等)に被害が出た場合で上階宅の粗相が原因の場合は当事者間の話し合いで解決していただくことになります。

それ以外の原因であれば団地内の管理事務所にご相談ください。

蛇口からの水漏れ等に関すること

台所の蛇口が水漏れする

A.

止水不良の場合、蛇口のタイプによっては、コマパッキンを取り替える必要があります。コマパッキンはホームセンター等で購入できますのでご自分で取り替えることもできます。シングルレバータイプの蛇口は、修理が難しいので、早めにお住まいの近くの弊社の支店等へご相談ください。

蛇口の水が止まらない

A.

水道の止水栓を閉めてください。
止水栓が見当たらない、もしくは止まらない場合及び緊急に蛇口(水栓)を直したい場合は緊急事故受付センターにご連絡ください。補修班を手配しますのでしばらくお待ちください。止水栓で水が止まっているようなら、ご自分で蛇口のパッキンを交換する事も可能です。パッキンはホームセンター等で購入して頂けます。

ご自身で簡単にできる修理方法

【手順】

  • メーターボックスの水道元栓を時計回りに回して水を止める。
  • スパナやモンキーレンチでハンドルの下のキャップナットを左に回し、蛇口の上部をはずす。
  • コマパッキンを取り出し汚れていたら清掃する。破損したり磨り減っていた場合は新品に交換する。
  • 新しいコマパッキンをセットしたら元のようにキャップナットを締めて蛇口を取り付ける。
  • 元栓を開き水漏れをチェックする。
ご自身で簡単にできる修理方法 解説イラスト(蛇口)

2.トイレのトラブル

トイレの水が流れにくい

A1.

トイレの水洗が流れにくくなる原因は、便器や汚水管の汚れや詰まりによるものが多いといえます。 自分でラバーカップなどを使い、詰まりを解消する方法もありますが、流れにくい場合は、補修班を手配しますので昼間であれば弊社の支店等に、夜間・休日は緊急事故受付センターにご連絡ください。

A2.

ホームセンターで売っているラバーカップで貫通する場合がありますのでお試しください。
※ラバーカップ:棒の先にゴム(ラバー)でできた半球状のカップが付いている清掃用具です。洋式便器用のものはカップの先端が筒状になっており、便器のゼット穴と呼ばれる部分に対応しています。地域によって「スポイト」、「スッポン」、「ボンテン」などの名称で売られていることもあります。

ご自身で簡単にできる修理方法

排水管の詰まりは、ラバーカップを使うと大半は直すことができます。まず無理に水を流さないようにし、洗面台や便器のまわりに新聞紙やビニールを敷いて、汚れないように準備します。
洗面台の場合は、オーバーフロー穴(水が一定量を超えたときに流す穴)を雑巾などでふさぎます。トイレの場合も、便器の中の排水口にラバーカップを当て、同じように押し付けてから一気に引き上げます。 ※この方法でも汚水が流れない場合には、緊急事故受付センターへご連絡ください。

ご自身で簡単にできる修理方法 解説イラスト(トイレ)
トイレのタンクの水が止まらない

A.

トイレのタンクの水が止まらない現象(止水不良)は、タンク内部の部品一式の経年劣化による漏水等が考えられます。漏水によって水道料金が急に高額になる場合がありますので、早めに弊社の支店等へご相談ください。

トイレ内の給水管より漏水

A.

トイレ内にある止水栓を工具のドライバーやコインなどで閉めて、昼間は弊社の支店等に、夜間・休日は緊急事故受付センターにご連絡ください。止水栓で止まらない場合又は緊急に処置が必要な場合は補修班を手配しますので、メーターボックス内の水道元栓を閉めてお待ちください。

トイレの水の流れが止まらない

A.

トイレの止水栓を工具のドライバーやコインなどで閉めて、昼間は弊社の支店等にご連絡ください。夜間・休日に緊急で修理を希望される場合は、緊急事故受付センターにご連絡ください。補修班を手配しますのでしばらくお待ちください。
トイレをご使用される場合は、その都度止水栓を開閉していただくか、バケツで直接便器に水を流してください。

トイレの水が出ない

A.

タンクが空で給水されない場合は、タンクの蓋を開け、芳香剤等が障害になって浮き玉(ボールタップの一部)が下がらない状態になっていないか確認してください。水が溜まっているようであれば、浮きゴムの破損、鎖切れ等が考えられますので、昼間は弊社の支店等へご連絡ください。
夜間、休日に緊急での修理を希望される場合は、緊急事故受付センターにご連絡ください。補修班を手配しますのでしばらくお待ちください。

洗浄機能付便座の接続管、本体から水漏れする

A.

止水栓を閉めて、取り付けた業者にご相談ください。弊社で取り付けた場合は、月曜から土曜の営業時間内に弊社支店等へご連絡ください。

トイレの詰まり

A1.

トイレが詰まって汚水が流れない場合は、補修班を手配しますので弊社の支店等または緊急事故受付センターにご連絡ください。

A2.

汚水が逆流するような場合は、補修班を手配しますので緊急事故受付センターにご連絡ください。状況が酷い様であれば、上階に処置が完了するまで水を流さないようお願いしてください。

排水管の詰まり

A.

台所、トイレ、浴室等排水不良には、様々な要因があります。例えば流し台やトイレ、浴室、洗濯機の排水について、共用部分に該当する排水設備については、お住まいの団地の管理組合が、皆様がお支払いの管理費により定期的に清掃、メンテナンスを行っています。
専用管(住宅部分のトイレ、浴室、洗濯機の排水管)で詰まりが発生した場合の修理費用は、お客様のご負担となります。
お客様の専有部分で発生した軽微な排水詰まりに関してはラバーカップなどを使い、詰まりを解消することができます。使い方は「Q.トイレの水が流れにくい」の項をご参照ください。※便器に物(固形物)を流した場合は便器の脱着が必要となる場合があります。排水詰りによる階下漏水の事故を起こさないため、少しでも不具合等があったら日中は弊社の支店等へ、夜間・休日は緊急事故受付センターへお問い合わせください。

3.電気のトラブル

自宅だけ部屋の電気が点かない

A.

電気の容量オーバーが原因と思われます。ブレーカーを確認してください。ブレーカーが落ちているようであれば、復旧させてください。復帰出来ない場合コンセントから使用していた電気器具のプラグを抜いて再度試してください。それでも駄目な場合は補修班に手配しますので昼間は弊社の支店等、夜間・休日は緊急事故受付センターにご連絡ください。

部屋の照明が1カ所だけ点灯しない

A.

壁のスイッチが入っているか確認してください(タンス等で隠れて見えない場合もあります)。また、電球が切れていないか、あるいは電灯器具が壊れていないか確認してください。器具に異常が無いようであれば、改めて弊社支店等に調査を依頼してください。

部屋の中で警報音(電子音)が聞こえるが、どこで鳴っているかわからない

A.

ブレーカーを落としてみてください。音が止まらないようであれば、電池等を使用した機器と思われますので、お手持ちの電気製品、おもちゃ、時計や携帯電話等をお調べください。分からない場合は補修班を出動させますので弊社支店等または緊急事故受付センターへご連絡ください。

室内の住宅用火災警報器が鳴動し、止めてもすぐ鳴り出す

A.

一度、電池を外して汚れを拭き取ってみてください。それでも鳴動する場合はお住いの団地の管理事務所にご相談ください。

廊下や屋外の電灯が点灯していない

A.

平日の昼間はお住いの団地の管理事務所、またはお近くの弊社支店等へ、夜間・休日は緊急事故受付センターにご連絡ください。なお、共用部分の工事を管理組合が弊社ではない業者に発注されている場合は、管理組合を通じて、その業者に対応していただくことになります。

4.ガスのトラブル

お湯が出ない、ガス機器の電源が入らない、エラー表示が出る

A.

平日の昼間はお住いの団地内の管理事務所や管轄するガス会社、またはお近くの弊社支店等へ、夜間・休日は緊急事故受付センターにご連絡ください。

5.駐車場

駐車場は管理組合が運営・管理しており緊急事故受付センターは契約者情報等を保有していません。

契約駐車場に他の車が止まっていて入庫できない

A.

お住いの団地の管理事務所や管理組合役員にご相談ください。

駐車場で隣の車に傷をつけられた。持ち主を教えてほしい。

A.

警察にご連絡ください。

来客用駐車場を借りたい

A.

弊社では来客用駐車場を扱っておりません。団地内の管理事務所窓口にお問合せください。

契・解約の申し出や来客用駐車場借用、車庫証明の発行など、管理運営に関する事項

A.

お住いの団地の管理事務所や管理組合役員にご相談ください。

6.その他よくあるご質問

平日の昼間も対応してくれるのですか?

A.

24時間365日受け付けており、昼間も対応いたします。但し、平日(月~土)の団地の管理事務所や弊社の営業時間内は、基本的に団地内の管理事務所または弊社の支店等をご案内する対応となります。

分譲マンションに住んでいますが、管理組合費、入退去の手続き、空き駐車場の問合せ等の対応も行ってくれるのですか?

A1.

分譲マンションについては、緊急事故受付センターでは管理費に係る情報は持っておりません。お住まいの分譲マンションの管理に関すること(管理組合費の問い合わせ、入退去の手続き等)は、お住いの団地内にある管理事務所か団地を管轄する弊社の支店等にお問合せください。

A2.

分譲マンションについては、緊急事故受付センターでは駐車場に関する情報は持っておりません。分譲マンションの駐車場の空き状況や管理状況等については、団地内の管理事務所、もしくは管理組合の駐車場担当理事の方にお問合せください。

管理事務所等の開所日及び営業時間はどうなっていますか?

A.

分譲マンションの管理事務所の開所日等は管理組合と弊社の契約により、団地により開所日や営業時間が違います。管理事務所に掲示されている案内板をご確認ください。

以前に電話をした際、なかなか繋がらなかったがどうなっているのですか?

A.

緊急事故受付センターは限られた人員で対応しています。台風や広域停電、断水などが発生しますと電話が一斉に集中し、繋がりにくくなる場合があります。ご理解くださいますようお願いいたします。

リフォームをしたいのですが受付けてもらえますか?

A.

お住いのエリアに所在する弊社支店等にご相談ください。
内装をすべて取り換えるような大がかりなリフォームをお考えの場合は、弊社リフォームセンターにご連絡ください。なお、工事の施工にあたっては事前に管理組合に必要な書類を提出していただくことになりますので、予め管理事務所にご連絡ください。

団地内で毎晩のように騒いでいる住人がいて迷惑している。

A.

団地内の治安に係ることについては、団地内の管理事務所でお受けして管理組合理事会に報告し、対応を協議していただくことになります。近隣への迷惑行為が激しいようでしたら、警察にご相談いただくようお願いいたします。

玄関鍵を紛失した。

A.

鍵を変えざるを得ない場合は、個人負担で鍵の業者にご依頼いただくことになります。
鍵の交換にあたっては、平日の日中であれば弊社支店等にご連絡ください。夜間、休日は、緊急事故受付センターにご連絡ください。
ご本人の身分を証明するもの(運転免許証等)を鍵の業者に示して「鍵を変更したい住戸にお住まいであること」を確認してもらうことになります。なお、鍵の交換は騒音が発生するため夜間は工事ができないことがあります。

団地に住んでいる人と連絡がとれない。緊急連絡先を教えてほしい。

A.

弊社では個人情報データは持っていません。管理事務所を通じて組合の理事か、最寄りの警察にご相談ください。

団地に住んでいる高齢の身内を尋ねたら反応がない。倒れている可能性もあるので鍵を開けてほしい。

A.

分譲マンションの各住戸の鍵は、すべてお客様にお渡ししてあり、団地内の管理事務所及び緊急事故受付センターにスペアキーやマスターキーはございません。緊急でドアを開けざるを得ないようであれば、警察、消防署にご相談ください。また団地の管理事務所にもご連絡をお願いします。

住戸内設備のトラブルに対応してくれるのか

A.

状況に応じて即日対応、または翌日対応を手配いたします。