事業・活動案内

海外業務への取組み

背景

日中両国は、日中住宅会議及び日中建築・住宅技術交流会議のプラットフォームを通じて、中国建築・住宅技術に関する交流を連携して実施しています。
弊社は、これまで国・UR等からの依頼を受け、日本の集合住宅の管理、維持修繕等に係る取組みを紹介するために、海外(中国等)からの視察者を西浦和にある「スクエアJS」で受け入れています。また、2017年12月には、URと中国建設科技集団との間で締結された「中国既存住宅改修プロジェクト」に係る『戦略連携覚書』において、弊社は実施協力企業として位置付けされており、設計・施工分野で協力しています。

中国既存住宅における課題

現在、中国では高経年化のストック住宅が相当量あることから、既存住宅の改修・改造が注目されています。
中国の既存住宅は、現在の社会変化が生活レベルに合わなくなっており、設備機器の陳腐化、設備配管・配線の老朽化、収納空間の不足及びバリアフリーへの対応等が求められているほか、ライフスタイルの変化に対応した室内空間利用及び適切な維持管理が課題になっています。

中国既存住宅改修プロジェクトの実施

当該プロジェクトの戦略連携覚書に基づき、2018年に弊社は中国側の実施協力企業である中国建築標準設計研究院から、日本式改修の観点から設計及び工事管理等にアドバイザリーサービスを行う「中国既存住宅改修PJコーディネート業務」を受託しました。
さらに、2019年には、「日本製品の購入及び納品代行業務」と「日本式の施工方法に熟知した技能者による施工指導を行う業務」を追加で受託し、北京市内で2戸のモデル住宅が完成しました。

中国既存住宅改修PJコーディネート業務

  1. ①設計アドバイザリー業務
    中国作成の改修基本設計案へのアドバイザリーサービス及び日本式改修設計案の提供
  2. ②工事アドバイザリー業務
    中国が実施する施工管理業務について、日本式改修の観点からの技術支援
  3. ③確認、評価及び提案業務
    工事の各段階において、出来栄え等の評価を行い、改善が求められる事項について改善方法を提案
  4. ④日本式の施工指導
    二重床、膜天井、シャワーユニット等に係る日本式の施工方法に熟知した技能者による施工指導

低騒音工具による解体指導
低騒音工具による解体指導
二重床施工指導
二重床施工指導

トイレ・シャワー室の改修例

トイレ・シャワー室の改修例(Before/After) ◎Before=一室(トイレ・シャワー室・洗面) ◎After=三室分離(トイレ・シャワー室)

キッチンの改修例

キッチンの改修例 (Before/After)

今後の展開

「中国既存住宅改修プロジェクト」に係る『戦略連携覚書』の変更

2017年12月に締結されたURと中国建設科技集団との「中国既存住宅改修プロジェクト」に係る『戦略連携覚書』は、2020年12月に3年から6年に延長され、弊社は設計・施工分野に加え、技術移転状況に対する評価と改修標準の取りまとめにも参加する変更覚書が締結されました。

日中既存住宅改修セミナーの開催

中国既存住宅改修プロジェクトによる成果を発表するため、URと中国科技集団の主催による、『日中既存住宅改修セミナー』の開催を計画しています。

海外関連協議会への参加

弊社は、日中建築住宅産業協議会及び国際建築住宅産業協議会に会員企業として参加しています。