事業・活動案内

コンビニ事業者との連携

セブン-イレブンと連携した新たなコンビニエンスストアの経営を開始しました。

平成29年4月より、UR賃貸住宅にお住まいの方の利便性の向上や団地の活性化を図ることを目的に、セブン-イレブンの出店(フランチャイジーとして経営)を行っております。

出店団地の概要

セブン-イレブンJS美住一番街店店舗外観写真

セブン-イレブンJS所沢パークタウン駅前通り店店舗外観写真

セブン-イレブンJS横浜洋光台駅前店店舗外観写真

  • 1号店
    • オープン2017年4月21日
    • 交通西武新宿線「久米川駅」徒歩10分
    • 団地名グリーンタウン美住一番街
    • 管理開始平成6年3月
    • 所在地東京都東村山市美住町1-4-1
    • 管理戸数945戸
  • 2号店
    • オープン2018年3月23日
    • 交通西武新宿線「航空公園駅」徒歩5分
    • 団地名所沢パークタウン駅前通り
    • 管理開始昭和54年3月
    • 所在地埼玉県所沢市並木3-1
    • 管理戸数842戸
  • 3号店
    • オープン2018年8月30日
    • 交通JR根岸線「洋光台駅」徒歩3分
    • 団地名洋光台中央
    • 管理開始昭和46年1月
    • 所在地神奈川県横浜市磯子区洋光台3-13
    • 管理戸数1,239戸
  • 4号店
    • オープン2019年5月10日
    • 交通地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線・JR環状線「森之宮」駅徒歩6分
    • 団地名森之宮団地
    • 管理開始昭和42年8月
    • 所在地大阪府大阪市城東区森之宮1-5
    • 管理戸数933戸

出店の目的

UR賃貸住宅にお住まいの方々の利便性の向上や、UR連携項目に団地管理窓口との連携が挙げられていること等から、URグループ企業として当社が連携項目を実施するため(株)セブン-イレブン・ジャパンをパートナーに出店(フランチャイジーとして経営)することとしました。

出店の背景

UR都市機構の記者発表の内容

UR都市機構では、超高齢社会に対応した住まい・コミュニティの形成に取り組んでいる中で、生活支援サービスの提供拠点としてコンビニ各社と連携して店舗展開することを記者発表し、同時に(株)セブン-イレブン・ジャパン、(株)ファミリーマート、(株)ローソンと連携協定を締結しました。(現在ミニストップ(株)を加えた4社)

連携項目

  • 団地管理サービス窓口との連携に関すること
  • 高齢者支援に関すること
  • コミュニティ活性化に関すること
  • UR賃貸住宅の入居促進に関すること
  • 災害時の対策に関すること
  • 防犯に関すること
  • その他UR賃貸住宅にお住まいの方々の利便性の向上、UR賃貸住宅団地の活性化に関すること

連携イメージ図

店舗展開

当面UR都市機構では100団地程度での出店を目指しており、当社として積極的に参加し、多店舗展開していく予定です。そのために、更なる経営ノウハウの蓄積や人材の育成に努めてまいります。

スケジュール

  • H29.1(株)セブン-イレブン・ジャパンとの間で提携基本契約を締結
  • H29.4JS美住一番街店開店
  • H30.3JS所沢パークタウン駅前通り店開店
  • H30.8JS横浜洋光台駅前店開店
  • H31.5JS森之宮団地店開店